コロンバスが「フォーブスジャパン」に掲載されました

コロンバスの特徴や活動内容が、2021年8月14日、Forbes JAPAN(フォーブス・ジャパン)に掲載されました。

2021年8月14日、Forbes JAPAN(フォーブス・ジャパン)

オハイオ州コロンバス市に、米国内と日本から人と金が集まる5つの理由

 

記事の目次

1. 多様な産業構造による経済的安全性
2. 優れた人材教育と人材プール
3. コロンバス地域のユニコーン企業3社
4. 海外スタートアップのアメリカ市場拡大にも適する
5. 日本企業も注目し、日本人コミュニティも充実

 

記事の抜粋(Forbes JAPANより引用)

米国で7番目に大きな経済圏であり、人口約1170万人、世界第21位のGDP、製造業の国内総生産は第4位を誇るオハイオ州。その州都コロンバス市および周辺地域は米国中西部のグローバル都市で、中心都市へのアクセスの良さ、低い運営コスト、高度な教育を受けた多様な労働力、ビジネスに有利な税制、経済的安定性により、多くの企業を魅了してきた。
さらに近年はイノベーション創出地域としての地位を確立しようとしており、電気自動車やAIヘルスケアなど、将来性のあるビジネスが展開されている。(JobsOhioより)
そこで、コロンバス地域11郡の経済開発組織である One ColumbusのCEOのKenny McDonald氏にインタビューし、コロンバス地域の魅力をまとめた。

 

上記の記事は、こちらより閲覧することが可能です。