アメリカ進出マニュアル~海外進出の基本がわかります~

article3-landing

 

全体の流れ

海外進出に関する流れは大きく5つのステップに分かれます。

STEP1: 海外進出目的の明確化

STEP2: 進出にあたっての論点(実施基準)の明確化

STEP3: 国内予備調査/現地調査

STEP4: 最終的な意思決定

STEP5: チーム組成、詳細計画作成、各種手続き

 

 

STEP1: 海外進出目的の明確化

自社の事業戦略において、海外進出の位置づけを明確にしましょう。例えば、海外進出の目的としては以下のような例が挙げられます。

  • 海外に販売拠点を持つ
  • 新たな生産拠点を持つ
  • 研究開発拠点を持つ
  • 地域統括拠点を持つ

目的によって、進出の是非を決める判断が変わってくるので、非常に重要なプロセスであると言えます。

 

STEP2: 海外進出にあたっての論点(実施基準)の明確化

企業によっては、海外進出することが最良の判断でない場合もあります。それらを論理的に判断するためにも判断基準を設定しましょう。なお、判断基準は、進出の目的によって異なります。ここでは、販売拠点と生産拠点の基準例をご紹介します。

 

販売拠点

  • 自社製品に優位性はあるか
  • 現地の市場の状況、競合の活動状況
  • 販売ルートは確保できるか
  • 現地での自社製品の受容性はあるか

 

生産拠点

  • 原材料の現地調達
  • インフラ
  • ロジスティックス
  • 労働市場
  • 現地の各種規制、貿易上の制限

 

上記に加えて、進出形態(現地法人/支店/駐在員事務所)についても検討する必要があります。

 

STEP3: 国内予備調査/現地調査

国内予備調査

STEP2の判断基準を基に調査を行います。まずは文献やヒアリング等によって国内予備調査を行います。候補地が複数ある場合は、この国内予備調査によって、候補地を絞り込みましょう。

一般的に、国内予備調査では以下の事項を調べるべきと言われています。

  • 政治・経済・社会情勢
  • 外資政策・法規制・税制
  • 販売に関すること(市場規模・市場特性・流通事情)
  • 生産に関すること(原材料・部品調達、インフラ整備状況)
  • 労働事情・賃金・労働関係法規制
  • 資金調達・金融制度
  • 駐在員のビザ・住環境
  • 現地パートナー

 

現地調査

現地調査では、下記の事項を確認しましょう。

  • 国内で調べたことが実際に合致しているのかの検証
  • 国内で調べられなかった細かな事項の調査
  • 現地事情を自分の目で確認
  • パートナー・取引先候補を対面で確認

 

STEP3については、中小企業機構のページが参考になります。

F/Sにおける進め方、ポイントや注意点(中小企業機構)

 

STEP4: 最終的な意思決定

STEP3の結果を踏まえ、「海外進出の有無」及び「進出形態」を決定します。また、進出にあたって必要な人材・リソースなども把握しましょう。

 

STEP5: チーム組成、詳細計画作成、各種手続き

STEP4でGoサインが出たら、実行あるのみです。、社内プロジェクトチームを発足させ、詳細な実行計画を策定します。詳細計画においては、具体的なスケジュールに加え、進出にあたって必要な手続きの整理や現地企業とのパートナーシップ、必要なリソースの確保などが含まれます。

 

 

いかがでしたでしょうか?STEP1~STEP5の全てを自社でやることは非常に難しいと思われます。そこで、日本貿易振興機構(JETRO)や中小機構などのサポート機関や、海外進出コンサルティング会社に相談するのも一つの方法であると言えます。

 

なお、コロンバス2020では、コロンバスエリアへの進出に関心を有する企業に対し、下記のサポートを行っています。無料で相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

  • アメリカで将来事業所を検討される際の営業所・倉庫・工場など不動産候補地 の紹介及び、現地ご案内
  • アメリカにおける州別の人件費・生活費・インフラ等のご紹介
  • アメリカにおける州別の各種税制・税率のご紹介とオハイオ州が提供する節税プラン (インセンティブ) のご紹介
  • オハイオ州ならびにコロンバス市の政府関係者や日系企業ネットワークのご紹介

 

お問い合わせ先はこちら

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。