オハイオ州を新たに牽引するテクノロジー産業の実態

Entrepreneur-Resources-Marquee-2400x1600

 

オハイオ州といえば、自動車などの製造業を中心に発展してきました。製造業は、現在もオハイオ州の中心産業ですが、これらに加えて、テクノロジー産業が隆盛を迎えつつあります。

実際、8/18にはsmartasset社が発表する、「The Best American Cities to Work in Tech in 2017」において1位に選出されています。

https://smartasset.com/mortgage/the-best-american-cities-to-work-in-tech-in-2017

 

本日は、オハイオ州のテクノロジー産業の実態についてお伝えします。

 

なぜオハイオ州でテクノロジー産業が栄えてきているのか?

近年、FacebookやAmazon、Paypalなど名だたるIT企業がオハイオ州に進出しています。それには下記の理由があります。

(1)若くて才能のあるIT人材が豊富

オハイオ州には、オハイオ州立大学などを卒業した25-34歳の社会人が沢山います。優れたエンジニアを安価に獲得できるのもオハイオ州の魅力です。

 

(2)賃金、生活コストがお得

オハイオ州は「財布にやさしい都市」として、全米で4番目にランクインしています。また、不動産の価格もお手頃で生活しやすいと言われています。

 

(3)税制上のメリット

オハイオ州には州税がありません。また、進出企業に対する補助金等も充実しており、企業にとって事業を開始しやすい土地と言われています。

 

注目を浴びている分野は?

テクノロジー分野で注目を集めつつあるオハイオ州ですが、具体的には次の分野が盛んと言われています。

(1)ビックデータ

(2)バイオサイエンス

(3)サイバーセキュリティ

(4)データセンター

(5)Eコマース

次回は、上記の分野について詳細をお伝えします。