株式会社エイチワン:コロンバス進出事例

KTH

KTH Parts Industriesが670万ドルを投資し、コロンバスの競争力を強化

 

熟練で能力の高い労働力を引き付けるために、KTH Parts Industries(株式会社エイチワンの子会社)-自動車メーカーの車体部品のトップサプライヤー-が、コロンバスエリアにおいて、R&Dのために施設をユニオンカウンティにあるジェルム地区に建設するため、670万ドル強の投資を行うと発表した。会社は新たに26のフルタイムジョブを追加するとのことだ。

 

今回の追加投資は、KTH Partsにとって、興奮する新たな取り組みです。我々のブランドの新施設を通じて能力が高まり、コロンバスエリアでの労働力を強化することになります。ユニオンカウンティと引き続きパートナーシップを結び、また、オハイオ州立大学などのエリア内の優秀な大学や、その他の優秀な技術者とのつながりが持てることを楽しみにしています。(副社長のChris Millice氏)

 

30,000㎡の建設は、2014年の12月に開始予定。同社の670億ドルの投資は、建設及び設備、IT、社員訓練に投資される。

 

KTH Partsは、今後三年間で26名の新たな雇用を予定している。これによりユニオンカウンティ内のスタッフは三倍以上になる。新たなポジションであるR&Dエンジニアの採用は既に始まっている。

 

私たちは、KTP Partsが、ユニオンカウンティ内に新たに革新的なR&D施設を建設すると決めたことに興奮しています。同社が有能なスタッフを探すだけでなく、ユニオンカウンティひいてはコロンバスエリアにとってもさらに高付加価値な人材を魅了することができるでしょう。(ユニオンカウンティのコミッショナー、Steve Stolte)

 

KTH-2

About KTH Parts Industries, Inc.
KTH Parts Industries, Inc. は、1984年に設立された、自動車産業における加工品のトップサプライヤー。現在、KTHグル⁰プは、オハイオに四つの工場を持つほか、アラバマ、オンタリオ(カナダ)にも拠点を有する。KTH Partsは、日本に本社を持つエイチワン株式会社を親会社とする。

エイチワン株式会社

 

本事例について詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください。

コロンバス経済開発区について