中小企業向けの海外進出サポート機関を一挙ご紹介

Skyline_bridge_hr_APW-smaller

日本企業が海外進出を考える際の課題の一つとして、情報入手が挙げられます。

とりわけ、中小企業において、「海外進出に興味はあるのに、とっかかりがつかめない」といった声をよく聞きます。

そこで、本日は、中小企業向けの海外進出サポート機関を紹介します。海外進出にお悩みの皆様、是非、ご参照ください。

 

JETRO

海外ビジネスに関する情報提供で最も有名なのが、日本貿易振興機構(JETRO)。海外のマーケットに関する情報提供に加え、成功事例の紹介等、海外進出を考える企業にとっては欠かせない組織と言えるでしょう。

また、アジア地域に関しては、ビジネス・サポートセンターを有しており、海外ビジネス立ち上げから、進出後のフォローアップまで行っている。具体的には、フィリピン・タイ・インド・ベトナム・ミャンマーでのビジネス立ち上げに必要な投資制度情報・ノウハウ(ソフト)とオフィス機能(ハード)を兼ね備えた施設を有する。

ビジネス・サポートセンター

 

中小機構

中小機構は経済産業省所管の独立行政法人で正式名称を中小企業基盤整備機構といい、中小企業施策の総合的な実施機関としての役割を果たしています。

中小企業に対し、創業から事業再生、災害対策などのセーフティネット(安全網)まで、中小企業のライフステージや課題に合わせた支援体制を整えています。全国9ヵ所の地域本部を地域の最前線として、幅広く皆様をサポートしていきます。

海外進出や展開に対する支援も充実しており、海外進出に関する情報提供や相談を行うほか、海外ビジネス戦略推進支援事業(F/S支援を含む)を行っている。

海外展開(進出・販路拡大)

また、同組織は、中小企業ビジネス支援サイト「J21」にて、中小企業向けの海外進出入門情報を提供している。

http://j-net21.smrj.go.jp/expand/overseas/

 

中小企業庁

中小企業庁が提供する海外進出支援のサポートページ。海外進出に関するイベント・セミナーや補助事業の情報を収集するうえで、非常に役立つサイトです。中小企業の輸出に関するハンドブックやリスクマネジメントなど、なかなか入手しにくい情報も提供されている。

経営サポート「海外進出支援」

 

いかがでしたでしょうか?これから海外進出を目指す企業にとっては、有用な情報が掲載されているので、是非、サイトを訪れてください。また、アメリカの相談であれば、我々コロンバス2020も無料で相談に応じていますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。