スマートシティとして先進都市であるコロンバスを紹介

 

オハイオ州のコロンバスは、スマートシティに関心のある世界中の訪問者を惹きつける都市の一つです。コロンバスパートナーシップのスマートシティ分野のディレクターであるJordan Davisは、昨年、50の都市の関係者がコロンバスを訪れ、何を行っているのかを確認しに来たと言っている。

 

私たちは、私たちが学び、ベストプラクティスとなったものを文書化し、記録することに全力を尽くしている。

 

JobsOhioが支援するShiftのDavis氏は言います。コロンバスは、スマートコロンバスエクスペリエンスセンターをこの6月に開始し、公共機関への教育を行います。

 

官民連携は、スマートシティチャレンジの成功のカギと言われています。そして、オハイオ氏は、Amazon Web Service, NXP Semiconductors, Mobileye, Autodesk, Alphabet’s Sidewalk Labs, AT&T, DC Solar,Continental Automotiveなど錚々たる企業とパートナーシップを結びました。

しかし、コロンバスの取り組みはこれに留まりません。さらに、エリア内に33のスマートモビリティコリドーを設けました。これによって自動運転の試験などを可能にしました。

 

出典:Places around the globe are forging partnerships and researching smart ways to address mobility

http://www.autonews.com/article/20180723/SHIFT/180729994