コロンバス2020のサポート内容をご紹介

Contact-Us-Teaser

本サイトを運営しているコロンバス2020は、2010年に設立された、11の郡からなるコロンバス経済開発区の推進を支援する民間非営利団体(NPO)です。当団体は中央オハイオ全域における経済成長のための機会創出、生産能力の拡張を使命としていますが、本日は、その支援内容をご紹介します。

 

ビジネスの拡大・維持

コロンバス2020は、毎年、少なくても500名を超える現地企業と話しています。その結果、このエリアの労働力やサプライチェーンや競合調査に関する情報が有しています。また、現地の企業や労働力、州政府などとのミーティングの機会を提供することも可能です。さらに、成長している現地企業に対しては、ファイナンスやビジネスインセンティブなどのサポートも行っています。

 

 

新規進出の支援

コロンバスエリアに進出する企業に対し、コロンバス2020は、設立場所の調査などを行います。具体的には、下記のサービスを提供します。

  • エリアや建物視察ツアー
  • コロンバスエリアにある類似企業へのヒアリング
  • 税やビジネスインティティブの担当者とのミーティングの設定

 

国際ビジネスの拡大

海外の企業に対し、進出時または進出後にサポートを行います。海外企業特有の課題についても細かく把握しており、安心して任せることができます。また、設立や運営時に必要となる様々なサービスのご紹介や法規制等の理解促進のためサポートも行っています。

 

スタートアップや急成長企業の支援

起業家はコロンバスのエンジンになりうる存在です。そして、コロンバス2020は、彼らがビジネスを加速するためのサポートを行います。オハイオ州として、または各エリアで提供しているプログラムによって、起業家が会社を成長させる手助けを行います。また、金融機関や産業分析機関等の紹介も行います。

 

 

いかがでしたか?上記のサポートは全て無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。