自動運転技術がオハイオ州で作られる

DENSO-Marquee-2400x1597

自動車業界の次世代技術として注目される自動運転技術。オハイオ州でもそれらの動きが活発になっています。

オハイオ州は、アメリカで最も早く、公道における自動運転のテストを認めた州です。もちろん、実験に際しては、安全基準を満たし、オハイオ州の交通法に順守することが求められます。

また、オハイオ州は、自動運転技術を有する企業に対し、助成金を提供しており、その額は数億ドルに及びます。

例えば、JobsOhioから2億ドルの助成を受けた、Pillar Technologyという会社は、従前、トラクターの自動運転技術を開発してきましたが、それらの技術を活用し、一般車での自動運転技術の開発に取り組んでいます。

自動運転という先端技術は、レストランと同じく、いたるところに大きな市場が眠っている。
Matt Van Vleet Pillar Technology

 

同社は、今回の助成金を受け、セントラルオハイオに研究センターを設立するとのこと。また、Pillar Technologyによると今回の助成によって新たに25名の雇用が創出されるとのことです。

 

 

オハイオは元々自動車産業が盛り上がっていたエリアですが、そこにオハイオ州立大学などの先端技術が加わることで、自動車界に新たなムーブメントを巻き起こしそうです。