コロンバス2020による日本企業訪問ツアーを行いました

meeting

 

10月17日(月)から10月21日(金曜日)の一週間、コロンバス2020は、25社の日本企業を訪問しました。

 

10月17日(月曜日)

東京を中心に、5社と打ち合わせを行いました。米国への事業進出や工場設立のご相談を受けました。コロンバス2020は、事業計画の検討段階から米国の会計、法的な側面も含めたアドバイスを行っています。

 

10月18日(火曜日)

前日と同様に、東京エリアで5社と打ち合わせを行いました。既にコロンバスエリアに進出している企業との打ち合わせや具体的な計画を有する企業と詳細検討を行いました。

 

10月19日(水曜日)

東京エリアで4社と打ち合わせを行った後、大阪へと移動しました。打ち合わせでは、米国で事業展開をしている企業と、米国での取り組みに関する意見交換を行いました。

 

10月20日(木曜日)

大阪、兵庫を中心に5社と打ち合わせを行いました。米国への進出に関する相談や海外進出が盛んな企業の視察など、有意義な打ち合わせが続きました。その日の夜、東京へ戻りました。

 

10月21日(金曜日)

東京エリアで6社と打ち合わせを行いました。既に米国での取り組みを行っている企業から今後の取り組みや現状の課題についてアドバイスを求められました。

 

守秘義務があるため、企業名やご相談の内容を明らかにすることはできませんが、米国進出の進出計画から米国進出後の拡大計画まで、幅広いご相談がありました。前者の企業に対しては、オハイオ、コロンバスエリアの特徴や税制メリットなどを説明しました。一方、後者の企業に対しては、米国の商習慣や法務、会計に関するアドバイスを行いました。

 

 

コロンバス2020では、これまでにも数多くの日本企業の米国進出のサポートを行っており、それらの経験を活かして、多岐にわたる相談をサポートすることができます。ご相談は無料ですので、些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

 

ご相談はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。