オハイオはIT系企業にとっても魅力的なエリア

Facebook-Data-Center-1530x861

アメリカにおいて、IT系企業が多いエリアと言えば、シリコンバレーが浮かびますが、近年、オハイオもIT系企業に注目されています。

 

Jobs OhioのIT部門のマネージング・ディレクターであるTed Griffithは、オペレーションコストについては、シリコンバレーの約7割と説明しました。オハイオは、成長中のスタートアップに対し、持続可能なオペレーション環境を提供しています。また、オハイオには優秀なIT人材が沢山いるが、生活コストが低いため、それほど高給にならない点を付け加えています。

 

また、カスタマーとの距離が近いのも強みです。オハイオには、Fortune 1000企業のうち、55社が本社を構えています。また、サーバーが近い点もメリットです。オハイオには、Amazon社が提供するAWSのデータセンターがあります。

 

なぜIT企業はオハイオでIT人材を探すべきなのか。

オハイオには、200を超える高等教育機関があり、毎年17,000名が卒業します。また、彼らにはインターンシッププログラムや専門知識をつけるためのプログラムが提供されています。

 

 

オハイオはテックフレンドリーな州なのか?

数年前、オハイオ州は、起業家及びスタートアップのエコシステムのために16億ドルの投資を実行する計画を作りました。その結果、オハイオ州には25のインキュベーター施設ができました。こうしてテックコミュニティをサポートする文化が醸成されました。

オハイオ州立大学では、データ分析に関する様々なプログラムを提供しています。その結果、データアナリスト人材も沢山存在します。とりわけ、コロンバスは、小売業界におけるデータ分析で有名です。さらに大学が学生と企業をつなぎ、分析を行うプログラムを提供します。

 

その他でIT企業に対してオハイオ州が提供しているものはあるか?

ユーザーアクセスです。8時間の運転距離の間に、北米の人口の60%にアクセスることができます。これは、オペレーションコストの低減やサービス品質の維持に役立つはずです。

 

近年、オハイオ州を選択するIT企業が増えています。これによってIT企業のコミュニティが形成されつつあります。