海外赴任者向け:オハイオ州での日本語教育環境

hoshuko

出典:http://columbushoshuko.com/wordpress1/wp-content/uploads/2015/11/hoshuko.jpg

日本からアメリカに赴任する方にとって、心配事の一つがお子さんの教育です。本日は、オハイオ州における日本語教育の状況についてお伝えします。

 

日本語学習コースを提供しているのは17校

オハイオ州では、1094名の生徒が、日本語の授業を受講しています。また、日本語の補講学校もあり、オハイオ滞在中もきっちりと日本語を学ぶことが可能です。

  • 15の高校が日本語を教えており、合計917名の生徒が授業を受けています。
  • 2つの小学校が日本語の授業を行っており、生徒数は合計で177名います。

(2015年秋学期時点)

 

充実した日本語補習授業校

オハイオ州内には、5つの日本語補習授業校があります。学生生数は以下の通りです。(2013年4月1日時点)

  • コロンバス(556名)
  • クリーブランド(104名)
  • オハイオ西部(112名)
  • シンシナティ(305名)
  • トリド(34名)

 

上記のように、オハイオ州では、日本からの赴任者に対し、充実した日本語学習環境が提供されています。実際に、多くの日本人のお子さんが補習校で楽しく勉強しているようです。オハイオにいらっしゃる方々は安心してくださいね!

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。