第一三共の子会社PharmaForceがコロンバスエリアの拡張のため145百万ドルの追加投資を決定

Carbone_PharmaForce-9

製薬開発及び生産を行うPharmaForce社がコロンバスエリアにある2つの既存施設の拡張を行うことが決まった。これによって実行される追加投資額は145百万ドルであり、新たに80名の採用を予定している。建設は2018年に開始予定である。

 

New Albany地区と Hilliard地区は会社の成長の中核的な位置づけであり、製造、貯蔵、開発に投資することで成長を促進させることができると考えています。(Dante Serricchio、PharmaForceの副社長兼ゼネラルマネージャー)

 

PharmaForceは、新たに約140,000㎡をNew Albany地区に追加し、製造や倉庫を建設する。同社は、既存施設の見直しも行う。Hilliard地区では、既存施設の改修と1,800㎡の増築を行う。これによって新商品開発のための設備投資を行う。

 

PharmaForce社のHilliard 地区への追加投資は、住民に対して雇用の機会を提供することになります。(David Meadows、Hilliard地区経済開発局長)

 

私たちは、PharmaForce社がコロンバスエリアでの成長機会を目撃できることを誇りに思います。また、New Albany地区での製造、開発機能が強化されることを心より歓迎しています。(Jennifer Chrysler、New Albany地区コミュニティ開発局長)

 

私たちはPharmaForce社の直近の投資パートナーとなれたことに興奮しています。この機会によって、オハイオの従業員の力量を知ることができ、また、Hilliard地区及びNew Albany地区が成長することの有効性を確認することができるでしょう。(Aaron Pitts、JobsOhioのシニアマネージングディレクター)

 

コロンバス2020のUSサイトはこちらです。

http://columbusregion.com/news-events/press-releases/pharmaforce-expanding/