日本の主要自動車メーカーのアメリカ展開状況

2016年の米国における自動車販売台数

第4位:トヨタ「カムリ」

第5位:トヨタ「カローラ」

第6位:ホンダ「シビック」

第7位:ホンダ「CR-V」

第8位:トヨタ「RAV4」

第9位:ホンダ「アコード」

第10位:日産「ローグ」

1~3位はピックアップトラックと呼ばれ、アメリカ特有のタイプの車であることを考えると、セダンタイプやワゴンでは日本勢が独占しているといえます。

このように、アメリカにおいて、日本の自動車メーカーは圧倒的な存在感を放っています。存在感を放つ日系自動車メーカーはアメリカの様々なエリアに拠点を作り、更なる成長を目指しています。そこで、本日は、日本の自動車メーカーのアメリカおける工場進出状況を調べてみました。

 

トヨタ(Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc.)

ケンタッキー州

00aerial-13-1

25 Atlantic Avenue, Erlanger, Kentucky 41018 U.S.A.

 

ホンダ(Honda Engineering North America, Inc.)

オハイオ州

facilities_marysville

24000 Honda Parkway Marysville, OH 43040-9251

 

日産

テネシー州

One Nissan Way, Franklin, TN 37067, U.S.A.

 

スバル(Subaru of Indiana Automotive)

インディアナ州

5500 State Road 38 East, Lafayette, IN 47905, U.S.A.

 

スズキ(Suzuki Manufacturing of America Corporation)

ジョージア州

1520 Technology Parkway NW Rome, GA 30165

 

結果を見てみると、それぞれ異なる州に工場進出していることが分かりました。そして、全ての自動車メーカーは中西部エリアに集中しています。我々オハイオ州には、ホンダが進出しており、その周辺には多くの関連企業が進出しています。その結果、オハイオ州においては日本企業の存在感が強く、日本人コミュニティやビジネスナレッジがたくさん集まっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。