2018年のコロンバスの活動を振り返る

コロンバスにとって2018年は目覚ましい進展を遂げた一年となりました。

イノベイティブかつ業界トップの企業を選択し、優秀な人材がその会社で働くこととなりました。その結果、我々が設定した主要マイルストーンは無事に達成されました。

 

新たな投資と雇用創出

2018年、コロンバス2020とそのパートナーは、59のビジネス開発ミッションにおいて無数のビジネスリーダーとストーリーを共にしてきました。54の企業がコロンバスで事業拡大をしました。同時に我々は、15.1億ドルの投資を行い、結果として6,355名の雇用を創出しました。

 

 

事業拡大はコロンバスにある11の全カウンティで行われました。

以下が主要な事例となります。

 

Dollar Tree社は、12,500万ドル以上の投資を行い、Morrow Countyに新しい配送拠点を作り、400名の雇用を創出しました。

Chipotleは、Franklin Countyにおいて事業拡大の発表を行い、270名の雇用を創出しました。

Candid Care Co.は、85万ドルを費やし、カスタマーケアセンターをコロンバスに作る予定です。

Pillar Technologyは、200万ドルの経済開発援助資金を受取、自動運転の研究所を作りました。これにより25名の雇用が創出されました。

Root Insuaranceは、200万ドルを投資し、コロンバスの事業を拡大しました。

NEX Transportは新しい施設をBellefontaineに作ると発表しました。

Honda R&D Americaとジョブズオハイオは、業務提携し、175名の雇用を創出すると発表しました。

 

 

いかがでしたか。

この一年はコロンバスにとって実りのある一年でした。

アメリカ国内企業での評判を上がっています。

来年もさらなる成長を目指します。