コロンバスで活動する企業の紹介(アメリカ企業編)

Untitled

 

近年、アメリカ国内でも2番目に企業進出が盛んなオハイオ州。進出する企業は、アメリカ国外の企業だけではありません。アメリカ国内の主要企業も続々とオハイオに進出しています。果たして、どのような企業が進出しているのでしょうか?今日は、オハイオの中心地であるコロンバスエリアに進出している企業をご紹介します。

 

コロンバスに本社があるアメリカ企業

コロンバスには、Fortune 1000に含まれる米国企業の本社がいくつもあります。いくつかの例を紹介します。

Abercrombie & Fitch

日本でもおなじみのファッションブランド”Abercrombie & Fitch”もコロンバスに本社を構えています。

https://www.abercrombie.co.jp/ja_JP/home

 

American Electric Power

電力共有会社の大手である”American Electric Power”もコロンバスに本社を構える一社です。

https://www.aep.com/

 

Cardinal Health

世界中で36,000人を超える従業員を有するヘルスケア企業。世界中の救急医療施設・薬局・病院・通院外来診療所・臨床検査室および診療所にサービスを提供してます。

https://cordisjapan.jp/cardinal_health/index.html

 

コロンバスに拠点があるアメリカ企業

本社ではないものの、コロンバスエリアに開発や製造、営業拠点を有するアメリカの大企業も多数存在します。例えば、自動車メーカーのBMVや航空機メーカーのBOEING、清涼飲料メーカーであるCOCA COLAなどは、オハイオに開発・製造拠点を有し、多くの従業員が働いています。

 

オハイオ州は、消費者への物理的アクセスに優れたエリアです。にもかかわらず、不動産屋生活コストが安価なため、多くの企業が移転してきています。上記のような企業の進出もあり、今後もコロンバスへの注目は高まっていくことでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。